ボンキュート ピル

ボンキュートとピルは一緒に飲んでも良いのでしょうか?

ボンキュートとピル

ボンキュートとピルって、一緒に服用しても大丈夫なの?」
・・・こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

最近では、多くの女性にとって身近な存在になっているピル。
ピルを使用している方は、避妊効果だけではなく、生理痛の軽減や生理不順の改善などを目的としていると言う話しも良く耳にします。

 

でも、ピルには女性ホルモンの分泌量をコントロールする作用がありますし、ボンキュートに含まれるプエラリアも、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに近い働きをします。
だから、ボンキュートとピルを同時に摂取すると女性ホルモンの働きが過剰にならないかな?と不安に感じますよね。

 

では、実際にボンキュートとピルを一緒に服用することによる危険性はないのでしょうか?

ボンキュートとピルの併用は×!

ボンキュートとピル

先に結論から言ってしまうと、やはりボンキュートとピルを一緒に飲むことはNGです。
もしも一緒に飲んだとしても、ボンキュートの効果が発揮されない可能性があるうえ、身体に様々な悪影響を及ぼす危険性もあるので、ボンキュートとピルの同時服用は絶対に避けてください。

 

その理由は、前にも少し触れましたが、ピルは女性ホルモンの分泌をコントロールするものです。
そこへ、ボンキュートに含まれるプエラリアが女性ホルモンの分泌を活発化すると、ホルモン量が急激に変化し、ホルモンバランスが崩れてしまうことは容易に想像がつきますよね。

 

そうしてホルモンバランスが崩れてしまうと頭痛吐き気めまい生理不順など、様々な副作用が現れる可能性が。

 

ですから、「ピルを飲みながらバストアップもしたい!」と思っても、残念ながらボンキュートとピルの、どちらかの服用を諦めなければいけません。

補足情報 ピルとは?

ボンキュートとピル

【ピルの効果】
ピルにはいくつかの種類がありますが、最も一般的なものといえば、『低用量ピル』になります。

低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれており、これらの作用によって女性ホルモンの分泌量をコントロールします。
最も良く知られる効果としては避妊だと思いますが、コンドームが90%前後の避妊率であるのに比べ、ピルの避妊率は99%以上と、非常に高い避妊効果が特徴です。

 

【その他の効果】
生理不順改善、生理痛の軽減、生理出血の軽減、卵巣がんのリスク低減、更年期障害の軽減などが期待できるといわれています。

 

【飲み方】
以前は病院のみで処方されていたピルですが、最近では通販で手軽に購入可能です。
ピルの一般的な飲み方としては、毎日1錠ずつを21日間続けて服用し、7日間休むという28日間サイクルで行うのが基本です。

 

【関連記事】

☆ボンキュートの安全性が気になるなら☆

ボンキュートの安全性について

 

ボンキュート

関連サイト